ファブリックパネルを自分なりに飾る

ファブリックパネルは北欧やヨーロッパでは、昔から飾られているインテリア雑貨です。
日本でも、部屋のインテリアとして飾る人が増えてきました。
ファブリックパネルに、飾り方のルールはありません。
自分なりに自由に飾る事ができます。
自分で作る事も可能で、材料費も高くないため初心者でも気軽に始める事ができます。
手作りの良い所は、大きさを自由に変えられる事です。
既製品の場合には大きさや形が決まってしまっているため、部屋のイメージ合うもの探さなければなりません。
しかし、手作りの場合には部屋のイメージに合わせて作る事ができます。
布もインターネット通販で、本場の北欧スタイルのものを購入する事ができます。
本場のファブリックパネルを作りたいという方は、ぜひ利用してみて下さい。
ファブリックパネルは一般的には、壁に飾るようですが棚に飾ったりするのもおしゃれに見えます。
置くという方法もあります。
壁に飾る時には、壁に穴をあけなければなりません。
しかし、賃貸の家を借りている場合、なかなか壁に穴をあける事ができません。
賃貸の人の場合には、置いてみたり棚に飾ってみるのも良いです。
ファブリックパネルを1枚置くだけで、部屋のイメージがガラリと変える事ができます。

▲TOP